F5とマイクロソフト、ネットワーク監視ソリューションでの協業を発表

柴田克己(編集部) 2007年05月29日 19時34分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 F5ネットワークス(F5)とマイクロソフトは5月29日、両社が米国で3月13日に締結したOEM契約に基づき、日本国内においても協業を行うことを発表した。具体的には、マイクロソフトが提供するサービス管理ソリューション「Microsoft System Center Operations Manager 2007」を、2007年度内の出荷が予定されているF5の管理アプライアンス「ControlPoint」に組み込んで提供する。合わせて、技術協力や共同マーケティングも行っていく。

 マイクロソフトでは、パートナーと共同で「Dynamic Systems Initiative」(DSI)と呼ばれる、自己管理型システムの提供を目指した取り組みを行っている。このイニシアチブでは、システムの運用管理について、管理者、アプリケーション開発者、利用者がそれぞれに持つ「ナレッジ」をモデル化して運用管理システムに取り込み、最終的にセルフマネージメントが可能な管理インフラを実現することを目標としている。

 今回の両社の協業においては、F5のControlPointにSystem Center Operations Manager 2007を搭載するほか、ワールドワイドのMicrosoft Technology CenterにF5製品を導入し、顧客ごとの要件に応じた技術サポートや技術検証を共同で行っていく。また、F5では、SharePoint ServerやLive Communications Serverといったマイクロソフト製アプリケーションの配信を最適化するソリューションである「Application Ready Network」を提唱していく。

 F5では、2006年に同社のBIG-IP、WANJet、FirePassといった各製品を集中管理するための「Enterprise Manager」を発売している。この製品では、各製品のコンフィグレーションやプロビジョニングの集中管理、ソフトウェア配布といった機能を提供しているが、一方で、顧客からは各機器のリソースをプランニングしたり、システム障害が起きた場合の原因検証を行ったり、アプリケーションデリバリの状況をモニタリングしたりといったことを可能とするツールを求める声が多かったという。

 F5ネットワークスジャパン、シニアプロダクトマーケティングマネージャーの武堂貴宏氏は「Enterprise Managerは“管理”、ControlPointは“監視”の役割を担い、相互に補完し合う。これらの組み合わせにより、F5の管理ソリューションは補強される」と説明する。

 F5では、自社で新たな管理プラットフォームを開発しない前提で30以上のベンダーを評価。結果的に、F5によるカスタマイズが可能な点、エンタープライズ規模のスケーラビリティを持つ点、強力なレポート機能を持つ点、ユーザビリティの高さなどからマイクロソフトとの協業に至ったとしている。

 ControlPointには、F5製品の監視に特化した管理パック(パッケージ化されたナレッジモデル)が搭載されるほか、別途、System Center Operations Manager 2007ユーザー向けに、管理パック単体での販売も行う予定という。

MS古川氏、F5武堂氏 両社の協業について説明する、マイクロソフト、サーバープラットフォームビジネス本部シニアプロダクトマネージャーの古川勝也氏(左)とF5ネットワークスジャパン、シニアプロダクトマーケティングマネージャーの武堂貴宏氏。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?