MS、システム運用管理製品群「System Center」のロードマップを発表

CNET Japan Staff 2007年02月28日 19時22分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マイクロソフトは2月27日、システム運用管理製品群「System Center」の本格出荷に向けて、各製品のロードマップと位置付けを発表した。System Centerは、同社のシステム運用管理製品の新ブランド。

 すでに「System Center Data Protection Manager 2006」、「System Center Reporting Manager 2006」、「System Center Capacity Planner 2006」の3製品が出荷されている。

 今回の発表によると、同社は2007年の春より主要製品となる「System Center Operations Manager 2007」、「System Center Essentials 2007」、「System Center Configuration Manager 2007」、「System Center Virtual Machine Manager 2007」の提供を順次開始する。さらに2008年には、System Centerの中核をなす“Service Desk”の提供も開始する予定という。

 これにより、これまで同社が提唱していたITILをベースにしたシステム運用管理フレーム「Microsoft Operations Framework(MOF)」を全面的にカバーする運用管理製品のラインアップが実現することになるとしている。

<現在提供中のSystem Center製品>

  • Microsoft Operations Manager 2005(MOM2005)
    ITサービスを容易に監視でき、組織と環境全体にわたって信頼性の高い拡張性を実現する
  • Systems Management Server(SMS)2003
    ネットワーク上に点在するPCの実態を把握し、企業の情報資産管理、IT資産管理、パッチマネジメント、更新・構成管理、脆弱性などを管理する。関連ソフトと更新プログラムを提供し、システム全体の運用管理の手間とコスト低減を支援する
  • System Center Data Protection Manager 2006
    ファイルサーバのDisk to Diskでのバックアップに主眼をおいたバックアップソフト。Service Pack 1(SP1)では、クラスタ化されたファイルサーバ、SIS (シングルインスタンスストレージ)、および、X64 Windows Serverに対応している
  • System Center Capacity Planner 2006
    システム運用の安定稼働と事前のリソースを分析する。Exchange Server 2003とMOM2005のサイジング、プランニングを支援する
  • System Center Reporting Manager 2006
    SMSの情報とMOM2005が収集した情報を統合してレポートを作成する。システムの運用管理に必要な情報を一元管理する

<今後提供予定のSystem Center製品>

  • System Center Operations Manager 2007
    MOM2005の後継製品。管理対象をWindows Vistaクライアントにまで拡大、運用管理コストの大きな要素であるクライアントPC管理を効率化する。またSOAに基づき、Operations Managerとほかのシステム運用管理ソフトとの相互運用性を重視して開発しているという。2007年第1四半期に開発完了を予定している
  • System Center Essentials 2007
    PCを50〜500台を保有する企業、事業所規模を対象とした製品。Operations Manager 2007とWindows Server Update Services (WSUS) の機能を統合し、運用管理性が向上されている。
    全国に支社を構える企業でも、各支社や支店にEssentialsを配置し、そのすべてのEssentialsを本社のOperations Managerによって一括管理することもできる。
    また、ASP的な運用モデルも可能だ。中規模な事業者に向けて、運用管理ソフトとしてEssentialsを展開し、そのすべてをOperations Managerで一括管理するサービスの提供形態も考慮されているという。2007年前半に開発完了を予定している
  • System Center Configuration Manager 2007
    SMS2003の後継製品。OS導入を簡単・確実に実行するための配布機能の強化や、セキュリティ設定の管理機能を追加する。また法制対応レポートに必要な情報を、ユーザーの負荷を最小限にして収集する機能も含まれる予定。2007年後半に開発完了を予定している
  • System Center Virtual Machine Manager
    仮想化環境やリソースを管理する。次期Windows Server(開発コード名:Longhorn Server)提供開始後、2カ月以内の提供を予定している
  • System Center “Service Desk”
    ヘルプデスクなどのワークフローを最適化する。ITILで定義される構成情報に加えて、System Center製品群が収集するサーバやネットワーク、アプリケーションなどの稼働情報、性能情報、障害情報などを格納できるデータベースである構成管理データベース(CMDB)になる。2008年前半に開発完了を予定している
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
運用管理

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
ハードから読み解くITトレンド放談
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
Gartner Symposium
企業決算
ソフトウェア開発パラダイムの進化
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化