編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

マイクロソフト、ITILベースのシステム管理製品群「System Center」を発表

ニューズフロント

2006-05-23 17:13

 マイクロソフトは5月23日、情報システムの運用管理のガイドラインであるITILと自社で抱える運用フレームワーク「Microsoft Operation Framework(MOF)」に沿った包括的なシステム管理を実現するソフト製品系列「System Center」を発表した。

 System Centerについて、マイクロソフトは「現在の複雑なシステム環境を制御し、繰り返し作業の多くを自動化する仕組みをIT部門に提供するシステム管理製品群」と説明する。すでに提供している製品も含め、以下の製品を用意する。

  • Data Protection Manager 2006:バックアップおよびデータリカバリ機能
  • Reporting Manager 2007:レポーティング機能
  • Capacity Planner 2006(英語版のみ):運用の事前計画およびモデル化機能
  • Operations Manager 2007:インフラやアプリケーションによるITサービス稼働率および状態の監視機能。現在の「Microsoft Operations Manager(MOM)2005」の次期バージョンに相当
  • Configuration Manager 2007:システム資産管理および展開管理機能。「Microsoft Systems Management Server(SMS)2003」の次期バーションに相当
  • Essentials:小規模システム向け運用管理製品
  • Virtual Machine Manager:仮想環境向け運用管理製品
  • Service Desk(開発コード名):ヘルプデスク、インシデント管理、変更管理機能

 また、マイクロソフトは、SMS 2003で管理するシステムの構成情報と、MOM 2005で管理するイベントとパフォーマンスの情報を統合してシステム管理用レポートを作成するソフト「Microsoft System Center Reporting Manager 2006日本語版」を、5月26日よりパッケージ販売する。価格は44万3000円。ボリュームライセンス「Open Business」の価格は36万7000円で、6月1日に販売を開始する。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]