MS、ハイパーバイザーソフト「Viridian」のテストを年内開始へ--責任者が明らかに

文:Mike Ricciuti(CNET News.com) 翻訳校正:尾本香里(編集部) 2006年05月23日 12時06分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは米国時間5月22日、仮想化ソフトウェアに関する最新の計画や、買収によってラインアップを拡大する意向を明らかにした。

 MicrosoftのServer & Toolsビジネス担当シニアバイスプレジデントBob Muglia氏はCNET News.comの取材に応じ、開発中のハイパーバイザーソフトウェア「Viridian(開発コード)」のテストを2006年末までに開始する計画を明らかにした。同社の次期Windows Serverである「Longhorn Server」は、出荷が2007年後半に予定されており、Viridianはそれから6カ月以内に提供される予定だ。

 Microsoftは以前より、ViridianがLonghorn Serverより大きく遅れて出荷されることを示唆していた。Muglia氏は、同ソフトウェアについて、「Longhornのタイムフレームにしたがって出荷することを目指していたが、これまで具体的なことは誰にも分かっていなかった。現在は、Longhorn Server出荷後180日以内に提供するとしているが、ベータテストが始まればもっと具体的なことが分かるだろう」と語っている。

 Microsoftではさらに、仮想化システムを管理するソフトウェアの開発も進めていると、Muglia氏は語っている。同氏によれば、「Carmine」の開発コードで開発中の「Microsoft System Center Virtual Machine Manager」は、90日以内にベータテストが開始される予定だという。Microsoftの全システム管理ツールと連動する同ソフトウェアも、2007年後半のデビューが予定されている。

 Microsoftは、アプリケーション仮想化技術の強化を目指し、ソフトウェアメーカーのSoftricity(本社:マサチューセッツ州ボストン)を買収したという。Microsoftの既存の仮想化ソフトウェアは、Windowsの複数のインスタンスを同時に動作させるようデザインされている。一方、Softricityのツールを利用すると、Microsoft Officeなどの各種ビジネスアプリケーションをはじめ、Windows上で動作するアプリケーションを仮想化できるようになり、プログラムを一元管理したり、ネットワーク経由でデスクトップマシンに配信したりできるようになる。

 買収の詳細な条件などは明らかにされていない。Muglia氏によると、Softricityは引き続きボストンを拠点にするという。Softricityには約120人の社員がいる。

 Muglia氏によれば、同社ではまだSoftricityの製品をWindowsにどのように統合するか決めていないという。しかしMuglia氏は、「一部の技術はMicrosoftの複数の製品に統合されると考えて差し支えないだろう」と語っている。

 マシンの運用効率向上を目指し、1台のマシン上で複数のOSを同時に起動する技術を仮想化と呼ぶ。この技術を普及させようとIntelやAdvanced Micro Devices(AMD)もハードウェアベースで仮想化をサポートするほど、大きく注目される分野だ。だが、Microsoftはライバル各社に対して後れを取っている。市場をリードするVMwareはMicrosoftに価格面からプレッシャーをかけ、Xenプロジェクトは、Linuxを大きく支援している。

 Microsoftは、23日にワシントン州シアトルで始まるWinHEC(Windows Hardware Engineering Conference)で仮想化ソフトウェアのデモを行うとみられている。

 同社はさらに、Windows Vista、Office 2007、そしてLonghorn Serverの各テストバージョンのアップデートもリリースする見通し。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
ハードから読み解くITトレンド放談
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
Gartner Symposium
企業決算
ソフトウェア開発パラダイムの進化
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化