編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

MS、ハイパーバイザーソフト「Viridian」のテストを年内開始へ--責任者が明らかに

文:Mike Ricciuti(CNET News.com) 翻訳校正:尾本香里(編集部)

2006-05-23 12:06

 Microsoftは米国時間5月22日、仮想化ソフトウェアに関する最新の計画や、買収によってラインアップを拡大する意向を明らかにした。

 MicrosoftのServer & Toolsビジネス担当シニアバイスプレジデントBob Muglia氏はCNET News.comの取材に応じ、開発中のハイパーバイザーソフトウェア「Viridian(開発コード)」のテストを2006年末までに開始する計画を明らかにした。同社の次期Windows Serverである「Longhorn Server」は、出荷が2007年後半に予定されており、Viridianはそれから6カ月以内に提供される予定だ。

 Microsoftは以前より、ViridianがLonghorn Serverより大きく遅れて出荷されることを示唆していた。Muglia氏は、同ソフトウェアについて、「Longhornのタイムフレームにしたがって出荷することを目指していたが、これまで具体的なことは誰にも分かっていなかった。現在は、Longhorn Server出荷後180日以内に提供するとしているが、ベータテストが始まればもっと具体的なことが分かるだろう」と語っている。

 Microsoftではさらに、仮想化システムを管理するソフトウェアの開発も進めていると、Muglia氏は語っている。同氏によれば、「Carmine」の開発コードで開発中の「Microsoft System Center Virtual Machine Manager」は、90日以内にベータテストが開始される予定だという。Microsoftの全システム管理ツールと連動する同ソフトウェアも、2007年後半のデビューが予定されている。

 Microsoftは、アプリケーション仮想化技術の強化を目指し、ソフトウェアメーカーのSoftricity(本社:マサチューセッツ州ボストン)を買収したという。Microsoftの既存の仮想化ソフトウェアは、Windowsの複数のインスタンスを同時に動作させるようデザインされている。一方、Softricityのツールを利用すると、Microsoft Officeなどの各種ビジネスアプリケーションをはじめ、Windows上で動作するアプリケーションを仮想化できるようになり、プログラムを一元管理したり、ネットワーク経由でデスクトップマシンに配信したりできるようになる。

 買収の詳細な条件などは明らかにされていない。Muglia氏によると、Softricityは引き続きボストンを拠点にするという。Softricityには約120人の社員がいる。

 Muglia氏によれば、同社ではまだSoftricityの製品をWindowsにどのように統合するか決めていないという。しかしMuglia氏は、「一部の技術はMicrosoftの複数の製品に統合されると考えて差し支えないだろう」と語っている。

 マシンの運用効率向上を目指し、1台のマシン上で複数のOSを同時に起動する技術を仮想化と呼ぶ。この技術を普及させようとIntelやAdvanced Micro Devices(AMD)もハードウェアベースで仮想化をサポートするほど、大きく注目される分野だ。だが、Microsoftはライバル各社に対して後れを取っている。市場をリードするVMwareはMicrosoftに価格面からプレッシャーをかけ、Xenプロジェクトは、Linuxを大きく支援している。

 Microsoftは、23日にワシントン州シアトルで始まるWinHEC(Windows Hardware Engineering Conference)で仮想化ソフトウェアのデモを行うとみられている。

 同社はさらに、Windows Vista、Office 2007、そしてLonghorn Serverの各テストバージョンのアップデートもリリースする見通し。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]