MS、携帯端末用同期ツール「Windows Mobile Device Center」をアップデート

文:David Meyer(ZDNet UK) 翻訳校正:編集部 2007年06月08日 18時37分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは、「Windows Mobile Device Center」をアップデートした。同製品は「Windows Mobile」搭載デバイスとVista搭載PCを同期させるためのソフトウェアである。

 Windows Mobile搭載デバイスとVista搭載PCとの間でファイルの同期に問題があると、ユーザーの一部から報告されていた。新版である「Windows Mobile Device Center v6.1」では、この問題を修正し、HTMLメールの対応や自動のデバイス認証など、そのほかの同期機能が追加されている。

 Windows Mobile搭載スマートフォンやハンドヘルドPC用の同期ツールであるWindows Mobile Device Centerは、「ActiveSync」の後継として、2007年1月に「Windows XP」の後継OSである「Windows Vista」がリリースされた際に登場した。Windows Mobileのプログラム担当マネージャーであるMel Sampat氏は米国時間6月6日に、自身のブログでこの新版を発表した。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!