ソフトウエア特許で日本企業が600万ドル支払うことに(新着ブログより)

呉井嬢次 2007年06月20日 12時11分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 既に無効となったGIF特許によって、アクセスは、ユニシスへ600万ドル支払うことをホームページに掲載した(6月18日現在)。ユニシスの持つGIF特許は2004年6月20日に日本で失効しているが、裁判が起こされた2004年9月時点では、未だ効力を持っていたからだ。

 ある日、特許料の支払いを求められたら、どうしますか?その対策せずに経営者は安泰だろうか。

「1キロ先を見通せる目」を持つには

 600万ドルと言えば、TVドラマ「600万ドルの男」を思い出す。昔の子供達にとっては夢のような金額だった(当時の金額に換算すれば、1ドル300円だから18億円)。今では、1ドル123円として計算して、約7億4000万円の支払いとなるが、それでも企業にとって大金だ。それだけに特許が企業に与える影響を軽視するわけにはいかない。

(全文はこちら--「ITセキュリティー下学上達」)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!