NECとシステムズ、Windows Vista対応システム導入分野で協業

ニューズフロント 2007年06月22日 15時26分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NECとシステムズは6月22日、Windows Vista対応システム導入ソリューションの販売で協業すると発表した。

 両社は「Windows VistaやOffice2007の導入にともない、システム全体の見直し、サーバ側ミドルウェアの最新版へのアップグレートが必要になるケースが発生する」と述べる。こうした状況に対応するため、Vista導入に必要なコンサルティングサービスや、アップデートが必要な周辺ミドルウェア製品の組み合わせ検証などに取り組む。

 具体的には、NECの情報管理ソフト「InfoFrame DataCoordinator」とシステムズの「Windows Vista/Office 2007導入支援コンサルテーションサービス」を共同販売する。DataCoordinatorを用いると、さまざまなデータベース管理システムの移行が容易に行えるという。また、システムズのサービスは、Windows Vista導入時の旧WindowsやOfficeスイートのリプレース、業務アプリケーションの移行といった作業を支援する。

 両社では、今後3年間で、DataCoordinatorの出荷150本および関連事業も含め、40億円の売り上げを目指す。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
OS

SpecialPR