編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

NEC、異種DB対応データ統合ソフトの最新版「DataCoordinator/RA Ver3.2」を販売開始

ニューズフロント

2006-07-19 20:40

 NECは7月19日、異種データベース(DB)間のデータ統合およびデータ連携を実現するソフトの最新版「DataCoordinator/RA Ver3.2」を販売開始した。税別価格はサーバが200万円、各DBとの連携に必要なエージェントがそれぞれ140万円。7月24日に出荷を開始する。

 同ソフトを使用すると、Oracle、SQL Server、PostgreSQLなどに異なる形式で蓄積されたデータを、ネットワーク経由で連携させることが可能となる。たとえば「本社の基幹システムのDB商品販売データを、各支店に導入された種類の異なるDBで管理されている顧客データと容易に連携できる」(NEC)という。

 最新版は、従来のOracle(HP-UX版、Windows版)、SQL Server(Windows版)、PostgreSQL(Linux版)に加え、OracleのRed Hat Enterprise Linux AS/ES3.0版にも対応した。また、NEC製OS「ACOS-4」上のVSASファイルとの連携が可能となり、データ連携用アプリケーションを開発することなく、VSASファイルのデータを統合できるようになった。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]