ホワイトペーパー

経理担当者に贈る、決算早期化を実現するための9つの業務改善ポイント

株式会社LayerX 2024-04-30

現在、多くの企業が決算の早期化に向けた取り組みを進めている。その主な目的は「意思決定の迅速化」「工数・コスト削減」「企業としての信頼性の向上」などが挙げられる。そこで、決算早期化で重要な役割を担うのが経理部門である。ただ、現場には決算早期を妨げる幾つかの障壁が存在する。たとえば、作業者ごとに業務が分断したり、業務の属人化やリソース不足、システムの分断など様々だ。また、毎月の定例業務である経理の月次決算は「その場しのぎ」の力業で無理が発生しやすく、決算の遅延やリスクを考慮すると抜本的な改善に着手できないのが現実だ。さらに「インボイス制度」や「改正電帳法」の法規制への対応も欠かせない。そうした現状の課題を克服して決算早期を実現するにはどうすればいいのだろうか。
本資料では、決算早期化を妨げる要素を深掘りするとともに、それらの課題を解決して決算早期化を実現するための9つのヒントを紹介する。現状の業務課題を解決したい経理部門の担当者にはぜひ参考になる内容となっている。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNET Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

ホワイトペーパーカテゴリー

ビジネスアプリケーション

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]