トレンドマイクロ、SaaS型のセキュリティサービスプラットフォーム「SecureCloud」を発表

文:Robert Vamosi(Special to CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2007年07月31日 12時01分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Trend Microは米国時間7月29日、一般ユーザー向けのSaaS (software as a service)に対する取り組みを拡大する戦略の一環として、小中規模企業およびエンタープライズ市場向けの「SecureCloud」をリリースした。その目的は、顧客らにソフトウェアをインストールさせることなく、さまざまなサービスを提供することである。

 利用できるサービスは、電子メール評価、電子メールホスティング、ボットネットIDサービスなどである。ボットネットIDサービスは、攻撃を受けたユーザーのマシンから送信されたコマンドや制御メッセージを、ISPがフィルタリングすることを可能とするものである。また同サイトにある機能の1つに、IP評価検索というものがあり、IPアドレスを入力すると、それが信頼できるアドレスかどうかをTrend Microが教えててくれる。

 現時点では、稼働するサーバは米国の2台しかない。今後の計画としては、2007年第3四半期に欧州、中東、アフリカ、第4四半期に台湾、2008年第1四半期に日本にサーバを追加する予定である。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!