モジラ、脆弱性2件を修正した「Firefox 2.0.0.6」公開

田中好伸(編集部) 2007年07月31日 12時29分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Mozilla Japanは7月30日、脆弱性2件を修正した「Firefox 2.0.0.6」を公開した。

 今回修正されたのは、「エスケープされていないURIが外部プログラムに渡される」というものと、「クロームによって読み込まれたabout:blankウィンドウを通じた特権昇格」の問題の2件。同様の脆弱性は、Firefox 2.0.0.6のほか、「Thunderbird 2.0.0.6」「Thunderbird 1.5.0.13」でも修正されている。

 Firefoxのセキュリティアップデートは7月に入ってから2回目となる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?