オープンソース企業ソースラボ、「SASH」とTomcatを組み合わせたスタックで勝負

文:Martin LaMonica(CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2007年08月02日 15時59分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 SourceLabsの最高経営責任者(CEO)Byron Sebastian氏は、企業によるオープンソースのJavaミドルウェア採用は、何年も前から派手に宣伝されているものの、まだ始まったばかりだと述べた。

 SourceLabsは米国時間8月1日、オープンソースのJavaミドルウェアをバンドルしたディストリビューション(「スタック」と呼ばれる)をアップデートした。Spring、Axis、Struts、Hibernateの組み合わせ(SASH)にTomcatを加えたパッケージである。

 これらのオープンソースフレームワークは生産性の向上に役立つとして、Javaプログラマーの間で長い間親しまれている。Sebastian氏によると、プロプライエタリなJavaアプリケーションサーバではなく、オープンソースコンポーネントを利用してアプリケーションを構築する企業が増えているという。

 同氏は「フレームワークの入れ替えは進んでいないが、オープンソース技術のみによる新しい開発プロジェクトへの需要が、非常に大きく膨らんでいる。(企業ユーザーは)大部分において(アプリケーションサーバが)コモディティ技術であることに気づいている」と述べた。

 SourceLabsは、大規模企業ユーザーにオープンソースソフトウェアのサポートとテストサービスを提供している。

 SASH 2のリリースにより同社は、制作上の問題点を特定するシステムマネジメントツールをラインナップに加えることになる。

 SASHのオプションとして、年間299ドルの開発者支援サブスクリプションも追加した。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!