Second Life 新世界的ものづくりのススメ--その25:テクスチャアニメーション応用2

大槻透世二(サイバーアドベンチャー株式会社) 2007年09月13日 08時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(前回よりつづく)

気づくとランチタイムは終わり、女性客の集団がチラホラと引けていた。
しかし留まることなく別の客が入ってくる。メニュー表も新しいものに変わっていた。
これからこの店はフードメニューを最小に絞り、カフェの時間帯に変わるのだという。

「ところで、このイタリアンがなぜこの場所でこんなにも人気なのか。匠君はどう思う?」
食事を終え立ち上がった俺に須藤さんは声を掛ける。
「デザートが美味しい」
俺は即答する。
「まさに、ではこの店のターゲットは?」
そう言われ、俺は始めて店内をぐるりと見回した。

……続きは、ブログ『「Second Love Story」〜あの頃の僕たちに〜』へ。

前回の復習

 前回は、テクスチャアニメーションの応用として、川や滝、そしてお風呂やプールなどの作成方法を習得した。また、本物っぽく見せるための工夫も紹介した。

 今回は、「火」を作ってみよう。その中で、テクスチャアニメーションの奥深さをさらに感じることになるだろう。

火の作成

 まず、下図のたき火を見てほしい。図なので分かりにくいが、実際には火は継続的に揺れ動き、メラメラと燃えているように見える。これもテクスチャアニメーションを使って表現されている。

テクスチャアニメーションによる火
パーティクルによる火

 実は、火を表現する方法は、もうひとつ存在する。例えば、右図だが、Sundance Channel 50,167,38 にある暖炉だ。この火は、立体的になっており、今後学習する「パーティクル」と呼ばれる技法を使っている。

 

 どちらを使うかは好みにもよるが、テクスチャアニメーションを使った火は、スクリプトが1行ですむため、軽い。それに対してパーティクルを使った火は、立体的となるが、数十行にも渡るスクリプトを必要とするため、若干重くなる。時と場所に応じて使い分けよう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!