組み込み型全文検索エンジン「Senna 1.0.9」リリース

荒浪一城 2007年09月27日 13時55分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 9月26日、組み込み型全文検索エンジン「Senna 1.0.9」がリリースされた。

 SennaはC言語で記述されており、DBMSやスクリプト言語処理系などに組み込むことによって、全文検索機能を強化することができる。n-gramインデックスや単語インデックスの特徴を兼ね備え、高速かつ高精度な転置インデックスタイプのエンジン。ライセンスは、GNU Lesser General Public License(LGPL)。

 今回のリリースでの、変更点は下記のとおり。

  • inv.cでのバグを修正:inv_cursor_open()関数とinv_update()関数が同時に呼び出された場合、いくつかのプロセスでnrefのデータが破損することがあり、デッドロックを引き起こす要因となっていたが、これを修正
  • sen_query_snip関数を追加
  • 不正確なテストを行うn_subrecs関数を修正
  • エラー件数が、sennachkでうまく初期化されていなかったバグを修正
  • sen_index_select()関数のバグを修正。マルチセクションで使用されたとき重複したレコードの値を返していた

 詳細な情報は、同梱されているChangeLogを参照していただきたい。また、SennaのWebサイトにも訪れてみるとよいだろう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから