データ変換研究所、基礎技術を活用した企業内情報検索システムを提供開始

田中好伸(編集部) 2007年10月02日 19時07分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 データ変換研究所は10月2日、同社が重点基礎技術としている「ファイル展開技術・テキスト抽出技術・全文検索技」を企業内情報検索システムとして商品化した「OfficeCyclope(オフィスサイクロープ)」の提供を開始することを発表した。小規模企業などでも容易に導入できるよう、シンプル機能・低価格をコンセプトにしているという。

 ウェブブラウザで操作するOfficeCyclopeは、企業内にあるウェブサーバやファイルサーバなどに保存されているOffice文書やHTMLなどのさまざまなデータにある中身をユーザー任意のキーワードで全文検索できる。導入時は「検索対象サーバ選択・検索用インデックス作成設定」をするだけで準備が完了する。

 税別価格は1サーバライセンス92万円。同社が参画する有限責任事業組合「Dehenken AP LLP」が販売する。出荷は10月10日から。初年度で300セットの出荷を見込む。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?