ウェブサーバ市場でMSの「IIS」が好調--首位「Apache」との差を詰める

文:Matt Asay(CNET News.com) 翻訳校正:矢倉美登里、高森郁哉 2007年10月16日 21時04分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ウェブサーバ市場では、オープンソースソフトウェア開発グループのApache Software Foundation(ASF)が支援する「Apache HTTP Server」がMicrosoftの「Internet Information Services」(IIS)をリードしているが、シェアの差は過去最小の10ポイントに縮まったと、技術系ライターのGlyn Moody氏は書いている

 Apache HTTP Serverは成長を続けている(2007年9月に増加したサイト数は100万)。だが、それよりも速いペースで、MicrosoftのIISも成長している(同月に増加したサイト数は300万)。Moody氏が言うように、たいしたことではないのかもしれない。オープンソースプロジェクトが実行可能であることを証明し、他の多くのオープンソースプロジェクトへの道を開くという点では、Apacheは十分な働きをしたと言えるだろう。

画像の説明

 だが、Microsoftが現状に満足してあぐらをかいているかどうかは疑問だ。「Netcraft」のページで一番下のグラフを見れば、Googleが猛烈な勢いで成長していることがわかる。Googleがオープンソースに依存していることを考えると、やはりオープンソースが勝つのだろう。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから