コードの難解さを計測するEclipseプラグイン「Crap4j 1.1.3」リリース

原井彰弘 2007年10月29日 20時25分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Crap4jプロジェクトは、Javaコードの複雑さを計測するEclipseプラグイン「Crap4j」の新バージョン「Crap4j 1.1.3」をリリースした。

 Crap4jは、CRAP(Change Risk Analysis and Predictions)というソフトウェアメトリクスのJava実装。CRAPは循環的複雑度(cyclomatic complexity)とコードカバレッジを合わせた指標で、内容の理解やテスト、保守が難しいコードを見つけ出すのに役立つとされている。

 Crap4jでは、クラスの各メソッドごとにこのCRAPの値を測定し、結果を表やグラフで表示することが可能になっている。また、同時に循環的複雑度やコードカバレッジも表示できる。

 今回リリースされた新しいバージョンでは、いくつかのバグが修正されたほか、新しい機能を追加するためのコードの整理が行われた。

 なお、Crap4jの利用にはバージョン3.2.1以上のEclipseが必要となる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?