画像投稿プログラム「updir.php」にクロスサイトの脆弱性--JVNなどで警告

吉澤亨史 2007年11月09日 19時40分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 有限責任中間法人 JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)は11月9日、UPDIR.NET製のフリーウェア画像投稿プログラム「updir.php」にクロスサイトスクリプティング(XSS)の脆弱性が確認されたとして関連情報を公開した。この脆弱性は、updir.phpのバージョン2.03とそれ以前のバージョンで影響を受ける。

 updir.phpは、画像ファイルなどをウェブサーバ上で公開・管理するためのソフト。updir.phpをサーバに設置することで、ユーザーは画像ファイルなどをウェブサーバにアップロードしたり、アップロードしたファイルの公開・管理をすることができる。

 脆弱性は、updir.phpの全文検索機能、ファイルのアップロード機能に存在する。この問題が悪用されると、利用者のブラウザ上で、その利用者の意図しないスクリプトが実行されてしまう可能性がある。

 UPDIR.NETでは、この脆弱性を修正したバージョン2.04をリリースしており、JPCERT/CCとUPDIR.NETでは、最新版のプログラムにアップデートするよう呼びかけている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?