編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

Lotus Dominoにクロスサイトスクリプティングの脆弱性--JVNなどで警告

吉澤亨史

2007-11-08 20:58

 有限責任中間法人 JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)は11月7日、Lotus Dominoにクロスサイトスクリプティングの脆弱性が確認されたとして関連情報を公開した。この脆弱性は、Lotus DominoのAIX版、Linux版、Solaris版、Windows版、z/OS版に存在するもので、7.0.x、6.5.x、6.0.xのバージョンが影響を受ける。

 Lotus Dominoは、日本IBMが提供するグループウェア「Lotus Notes」のサーバ用ソフトウェア。該当するバージョンには、ウェブページを出力する際の処理が不適切なため、任意のスクリプトが埋め込めてしまうクロスサイト・スクリプティングの問題がある。

 この問題が悪用されると、Dominoにログイン中の利用者のブラウザ上で、その利用者の意図しないスクリプトが実行されてしまう可能性がある。なお、バージョン6.5.6 Fix Pack 2(FP2)、7.0.2 Fix Pack 2(FP2)、7.0.3、8.0では問題が解消されており、JPCERT/CCと日本IBMでは、最新版のプログラムにアップデートするよう呼びかけている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]