新種のレッサーパンダを捕獲:早速試す「Firefox 3」

原井彰弘 2007年11月21日 18時27分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 11月20日、Mozilla Foundationから待望の新ブラウザ「Mozilla Firefox 3」のベータ版「Mozilla Firefox 3 Beta 1」が公開された。約200万行にも上るソースコードを修正したといわれる新しい描画エンジン「Gecko 1.9」を搭載した新しいウェブブラウザの実力を、早速試してみよう。

Firefoxとは?

 Mozilla Firefoxは、Mozilla Foundationが開発しているウェブブラウザである。ブラウザ市場ではかつて、Microsoftが開発するInternet Explorer(IE)が長らく独走状態であったが、IEのリリースがバージョン6以降、長期に渡って中断してしまったことや、IEの描画エンジンがウェブ標準に準拠していないこと、そして対象OSが限られていることなどもあり、IE以外のブラウザの選択肢が求められた。

 そのような状況の中で、頻繁にリリースを行いウェブ標準への準拠度も高く、対象OSも幅広いFirefoxは、インターネットのコアユーザの間で注目を集めることとなり、徐々にではあるがシェアを拡大してきた。

Firefoxの特徴

 Firefoxは、描画エンジンとしてウェブ標準への準拠度が高い「Gecko」を採用しており、Windows、Mac OS、Linuxといった幅広いプラットフォームをサポートしている。また、アドオンと呼ばれる拡張機能が豊富に用意されており、ブラウザを容易にカスタマイズすることが可能である。タブブラウズ機能も早くからサポートされており、パワーユーザを中心としてシェアを広げてきた。

 一方で、動作が遅く、メモリを大量に消費するといった欠点も指摘されており、それらがFirefoxを避ける1つの要因にもなっていた。

待望のFirefox 3 Beta

 11月20日、ついに待望のFirefox 3 Beta 1が公開された。新しい機能としては、主に以下のようなものが以前から伝えられていた。

  • パフォーマンスの劇的な向上
  • 画像の拡大縮小を含むズーム機能
  • よりウェブ標準に準拠した描画エンジン
  • 長いURLの改行

 では早速、Firefox 3 Beta 1の実力をみていこう。

Firefox 3 Beta 1は開発者やテスター向けのリリースであり、一般ユーザーのインストールは推奨されていません。インストールとその後の運用について、ZDNet Japan編集部および筆者は責任を負いません。自己責任でお試しください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR