さくらインターネット、双日を割当先とする第三者割当増資を実施へ

目黒譲二 2008年01月25日 18時47分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 さくらインターネットは1月25日、双日を割当先とする第三者割当増資を実施すると発表した。

 今回の割当増資は、オンラインゲーム事業における固定資産等の減損損失および関係会社株式評価損等の特別損失発生による債務超過状態を早期に解消することを目的としたもので、今回の増資により、本決算期における債務超過は解消できるとしている。

 発行新株式数は普通株式1万2718株、発行価額は1株につき7万8628円で、総額9億9999万904円となる。払込期日および新株権交付日は2月13日。発行する株式は全て双日に割り当てる。増資後の双日の所有株式数の割合は28.26%となり、筆頭株主となる。

 また、今回の資本提携を機に、双日の総合商社としてのネットワークノウハウと、さくらインターネットのデータセンター運営ノウハウとネットワークバックボーンを生かし、データセンター事業における協力関係を構築するとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?