「Windows 7」への無償アップグレードに関する追加情報

文:Mary Jo Foley(Special to ZDNet.com) 翻訳校正:菊地千枝子 2009年02月13日 12時37分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 新しいWindows PCを購入したいと思っているが、7月1日まで待てるというなら、そして「Windows 7」が出荷された際に、同バージョンへの無料アップグレードを獲得することに関心があるなら、その日まで待ったほうがよさそうだ。

 2008年12月に、TechARP愛好家サイトが、Microsoftが計画するWindows 7へのWindowsアップグレードプログラムについてのニュースを打ち明けている。今週TechARPは、MicrosoftとPCパートナーが、いつどのようにしてWindows 7への道を開く準備を始めているかについて、さらにいくつかの新しい情報を掲載していた。

 (注意:1月もそうであったが、Microsoftは依然としてTechARPの報道の詳細についてはコメントを控えている。しかしTechARPは、MicrosoftがPCメーカーのパートナーらによる内部サークルで共有している文書を入手しているようにみえる。Microsoftは1週間前にこれらのパートナーと最近のブリーフィングを開催している。実際に、同社がWindows 7のSKUラインナップを公表した理由のひとつは、先週PCメーカーと共有していた情報が、いずれにしても漏れ出すことを恐れていたためだ。)

 TechARPによると、Microsoftは2008年12月にOEMに対し、Windows 7のための「Technical Guarantee」プログラムを準備していると伝えていたという(従来のWindowsリリースでも実施してきたことである)。これはPCメーカーが「Windows Vista」マシンを7月1日以降に購入した顧客に対し、Windows 7が出荷された際にはWindows 7への無料アップグレードを提供することをMicrosoftが認めるというものである。

 TechARPは今週、この「Windows 7 Upgrade Program」は、7月1日から2010年1月31日まで継続することになりそうだと指摘した。(TechARPが当初伝えていた終了日は「未定である」とされていた。)無料のWindows 7メディアをユーザーに提供する最終履行日は2010年4月30日となる予定であると、TechARPは今週述べていた。そして32ビットWindows Vistaから64ビットWindows 7へのアップグレードは無料ではなく、32ビットから32ビット、または64ビットから64ビットへのアップグレードのみが、計画されたアップグレードプログラムの一部として含まれる予定であるという。

 筆者の情報筋によると、依然としてWindows 7は2009年第3四半期の提供に向けて前進しており、リリース候補(RC)は4月頃となりそうである。ちなみにMicrosoft関係者は今も、同製品が2009年内に出荷されると言うつもりはないようだ。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?