本物のAjaxアプリケーションはどれだ?

David Berlind 2005年04月01日 00時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 PCForumでは「Longtail」が大人気で、悪巧み仲間のDan Farberから「流行語大賞」をもらったようだが、私が使っているRSSリーダーでこのところ最もよく目に付くのは、「Ajax」だ。Accessify.comによるとAjaxとは、「Asynchronous JavaScript and XML」の頭文字を取ったものだという。今ウェブ上でAjaxについて説明している人は、ほぼ全員がJesse James Garrettのウェブページを見るように言っている。このページには、Ajaxで作成したアプリケーションの仕組みに関する詳しい技術的説明が載っている。しかし、大部分の人は、Ajaxの詳しい仕組みを知らなくても特に問題ない。実物を目にすれば、一目瞭然だからだ。たとえば、信じられないほど高度なブラウザベースのアプリケーション--つまり、通常なら大規模なクライアント・アプリケーションを思い出させるようなあらゆる種類の機能を持ち、しかもプラグインやその他のローカルなクライアント技術を一切使っていないものは、Ajaxで開発されている可能性が高い。

 Ajaxの背景には、次のような考えがある。XMLがインターネット上で不可欠なほど普及した今、たいていのブラウザに見られる基本的な技術は十分に優れており、それを使えばかなりリッチなクライアント経験を生み出すことができる。GmailなどGoogleが開発したアプリケーションの多くには、このことが当てはまる。これらのアプリケーションでは、ローカルクライアントの機能を使わずに、非常にインタラクティブな使用感を提供している。InfoWorldのJohn Udellは、昨年Gmailのレビューを行うまで、特にこれといった期待はもっていなかったのだが、Gmailの内側の仕組みを垣間見た彼は、Gmailのアドレス先読み(用キャッシュ)機能とスペルチェッカーに目を回し、「ものすごいトリック」だと紹介していた。当時はまだ「Ajax」という呼び方は生まれておらず、それが流行していたわけでもなかった。

 GoogleがAjaxをかなり自由に使いこなしていることについて、Garrettは自らのブログのなかで、「GoogleはAjaxをつかったアプローチの開発に膨大な投資を行っている。Googleが過去1年間に発表した主要な製品、つまりOrkutやGmail、そしてGoogle GroupsやGoogle Suggest、Google Mapsの最新ベータ版は、いずれもAjaxアプリケーションだ」と述べている。これに関しては、2週間前にNews.comのPaul Festaが書いた「Will AJAX help Google clean up?」という記事を読んで欲しい。

 ウェブ上の話題で面白そうなものは1つも見逃すまいと、 MicrosoftのRobert Scobleは先週、MicrosoftのOutlook Web Access(OWA)をAjaxの先駆けとして認めるべきだとコメントした。この大胆な言い分には批判が浴びせられたが、それはOWAが、ブラウザベースの電子メールインターフェースとしてはかなり洗練されたものであるとしても、それはMicrosoftのInternet Explorerの場合だけで、 MozillaやSafariではそれほどうまくは機能しないからという理由による。そして、われわれもZDNetで、Microsoftの他のスマートブラウザクライアントのいくつかについて、これに近い考えを述べてきている。たとえば、われわれは2004年、MicrosoftのSharepoint Serverをテストした際、他のどのブラウザよりもInternet Explorerを使った方が、格段にリッチなユーザーエクスペリエンスを得られたと述べた。

 対照的に、Googleは現在出回っているすべてのブラウザで、 Ajaxベースのアプリケーションが可能な限りうまく動くようにわざわざ手間をかけたように見える。個人的な考えをいうと、仮にAjaxアプリケーションに太刀打ちできるものがあるとすれば、それはおそらくScalixが開発するブラウザベースの電子メールクライアントになるはずだと思う。RedmonkのStephen O'Gradyは自らのブログのなかで、Scalixの実装はOWAと「同程度」と読んでいるが、最後に「Gmailがさまざまなブラウザで完全な機能性を提供しているのに対し、OWAをIE以外のブラウザで使うとひどいレンダリングになる(私は家では非IEブラウザでOWAを使っているので、そのことはよく知っている)。この理由だけでも、OWAをベストな技術と考えることはできない」と述べている。一方、Scalixのブラウザベースの電子メールクライアントも、Googleのクライアントサイド技術と同様に、特定のブラウザでの利用を想定していないことから、実物を見たことがある人なら、これがよくできているという私の意見に同意してくれると思う。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
藤本恭史「もっと気楽にFinTech」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
米ZDNet編集長Larryの独り言
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
田中克己「2020年のIT企業」
大木豊成「Apple法人ユースの取説」
デジタル未来からの手紙
モノのインターネットの衝撃
松岡功「一言もの申す」
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
今週の明言
アナリストの視点
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
スマートデバイス戦略
セキュリティ
ネットワークセキュリティ
セキュリティの論点
スペシャル
de:code
Sapphire Now
VMworld
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
デプロイ王子のテクノロジ解説!
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
さとうなおきの「週刊Azureなう」
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
北川裕康「データアナリティクスの勘所」
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
Windows Server 2003サポート終了
実践ビッグデータ
中国ビジネス四方山話
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化