HP、新CEOの決定で分割の可能性は低下--アナリストが指摘

John G. Spooner (CNET News.com) 2005年03月30日 22時51分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NCRのCEOだったMark Hurdを新しいCEOに指名したことは、Hewlett-Packard(HP)の取締役会が同社の分割を望んでいないことの現れだと、複数のアナリストが指摘している。

 HurdはNCRで、ATMやデータべース、販売用アプリケーションなど、さまざまな種類のハードウェアやソフトウェア製品を販売する経験を積んだとアナリストは言う。HPの取締役会はそんなHurdを同社の新しい社長兼CEOに選んだと、事情に詳しい情報筋は述べている。

 HPの取締役会は、同社を複数の事業会社に分割するのではなく、「ポートフォリオ」のアプローチを好んでいることを明確に示した。このアプローチは、さまざまな顧客に必要な製品をすべて自社で提供するというものだ。

 Forrester Researchのアナリスト、Frank Gillettは、「HPの取締役会が事業売却や分割経験のある人物--たとえば、Michael Capellasは2度行っている――を選んだとすれば、HP分社化の可能性があった」と述べている。

 Hurdは新たなポストで大きな課題に直面することになるが、その1つはHPのような規模の大企業を経営するということだ。HPのプリンティングおよびイメージング事業部門だけでも、昨年NCRの4倍に相当する売上を上げていた。昨年度の売上高はNCRが約60億ドルだったのに対し、HP全体では800億ドル近くあった。

 「Hurdは、NCRで学んだことすべてをはるかに大きな市場に合うようスケールアップしなくてはならない」とIDCのアナリスト、Roger Kayは言う。

 Hurdはまた、DellやIBMと激しく競争するなかで、数多くの変化を経験してきた企業を舵取りするという課題も引き継ぐことになる。

 「これは戦略的な課題だ」とTechnology Business Researchのアナリスト、Chris Fosterは言う。「HPもCompaqもハードウェアにルーツを持つが、そんな企業をソフトウェアとサービスを売り物にする実行力のある企業に生まれ変わらせなくてはならない。PCやサーバでは先が無い。IBMのようにソフトウェアとサービスが会社を引っ張るレベルに到達しなければならない」(Foster)

 実際にForresterのGillettは、HPがまだ自社の多角的なポートフォリオ戦略が有効であることを証明しておらず、これが明らかになるにはあと半年から1年かかるだろうと指摘している。

 「NCRからいろいろな分野での業務経験を持つ人材を見つけてきたというのは興味深い。しかし、NCRには個人向けのビジネスがない点や、ビジネスの規模がまったく異なる点には気を付ける必要がある」とGillettは述べている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをCNET Japanが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
運用管理

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
藤本恭史「もっと気楽にFinTech」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
米ZDNet編集長Larryの独り言
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
田中克己「2020年のIT企業」
大木豊成「Apple法人ユースの取説」
デジタル未来からの手紙
モノのインターネットの衝撃
松岡功「一言もの申す」
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
今週の明言
アナリストの視点
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
スマートデバイス戦略
セキュリティ
ネットワークセキュリティ
セキュリティの論点
スペシャル
de:code
Sapphire Now
VMworld
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
デプロイ王子のテクノロジ解説!
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
さとうなおきの「週刊Azureなう」
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
北川裕康「データアナリティクスの勘所」
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
Windows Server 2003サポート終了
実践ビッグデータ
中国ビジネス四方山話
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化