NEC、「UNIVERGE“FOMA”連携ソリューション」の導入ラインアップを強化

エースラッシュ 2005年04月20日 20時52分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NECは4月20日、「UNIVERGE“FOMA”連携ソリューション」において、導入を支援するための試用版などを追加したと発表した。

 「UNIVERGE “FOMA”連携ソリューション」とは、NTTドコモのFOMA/無線LANデュアル端末「N900iL」を利用し、通信ネットワークとして音声系ネットワークとデータ系ネットワークを統合するというもの。各種業務・業種向けシステムとの連携やモバイル環境で利用することで、最適な業務環境を整えることができる。

 新たに追加されたのは、試用版となる「UNIVERGE“FOMA”連携お試しセット」と、「UNIVERGE“FOMA”スタータパック」で給電工事の手間を軽減する「スタータ(給電)パック」だ。

 「UNIVERGE“FOMA”連携お試しセット」は、このソリューションを3カ月間試用できるパッケージだ。初期費用5万円、月額料金10万円で、「N900iL」7台を利用することが可能だ。内線電話系ネットワークがIP化されていない環境でも、既設のPBXにSIPテレフォニーサーバ「UNIVERGE SV7000」等を接続することで導入できるようになる。

 また、280万円で「N900iL」が10〜40台規模のシステムを利用できる初期導入版「UNIVERGE“FOMA”スタータパック」についても、給電に関わる工事の手間を軽減する「スタータ(給電)パック」が追加された。

 NECでは、今後も「UNIVERGE“FOMA”連携ソリューション」について様々なニーズに応えられるよう、導入パターンを追加し、積極的に販売活動を進めていくとしている。

NEC

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR