NTTデータとサン、画面情報端末の顧客向けシステム提案で協力

日川佳三(編集部) 2005年05月31日 17時32分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 システム開発会社のNTTデータとUNIXサーバベンダーのサン・マイクロシステムズは5月30日、両社が共同で顧客にシンクライアントのシステム提案を実施することで合意した。NTTデータが画面情報端末ソフト「GO-Global」を用いたシンクライアント環境のシステム開発を、サンが画面情報端末ハードウェア「Sun Ray」の販売と導入支援を実施する。両社が相互にプリセールスの窓口になる。販売目標は今後3年間で100社5万台以上。

 NTTデータが扱うGO-Globalは、米GraphOnが開発した画面情報端末ソフトである。ビットマップ情報ではなく、専用の描画API命令を端末に送る仕組みをとっている。画面端末サーバが画面描画クライアントに対して描画API命令を渡す。NTTデータによれば一般的なアプリケーションにおいてビットマップ転送よりもネットワーク帯域を必要としない。

 GO-Globalの描画クライアントの実装は、ActiveXコントロール、Netscapeプラグイン、Javaアプリケーションに加え、WindowsやSolaris、MacOSなど各種OS用のネイティブ・アプリケーションがある。画面端末サーバは、Windowsアプリケーションを使うためのWindows版と、X-Window Systemのアプリケーションを使うための各種UNIX版がある。

 GO-GlobalとSun Rayを組み合わせたシステム形態は、こうなる。(1)画面情報端末サーバには、GO-GlobalのWindows版とWindowsアプリケーションを導入する。(2)Sun Rayの画面情報サーバ側では、GO-Globalの画面描画クライアントを導入する。この場合はSolaris用のネイティブクライアントを導入する。(3)GO-Globalの画面描画クライアントが描画する画像を、Sun Rayの画面情報プロトコルを用いて、Sun Rayのシンクライアント端末に渡す。

 GO-GlobalとSun Rayという2種類の異なる画面情報端末ソフトを組み合わせて2層の多段構成で使うことになる。画面情報端末の描画クライアントソフトを汎用PC上で動作させるのではなく、Sun Rayという専用のシンクライアント端末を使うことで、よりセキュリティが高まるというシナリオだ。UNIXアプリケーションの描画を想定したSun Ray上でWindowsアプリケーションを操作するという需要も満たす。

 なお、GO-GlobalのUNIX版も、運用時には2層の多段構成を採る。Xサーバ(X端末ソフト)を画面情報端末サーバ側で動作させ、X端末ソフトが描画する画像をGO-Globalの画面描画APIで描画クライアントに渡す仕組みである。画面情報端末側にXサーバが必要なくなるメリットがある。加えて、画面描画APIのプロトコルはX11プロトコルよりも軽いという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
藤本恭史「もっと気楽にFinTech」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
米ZDNet編集長Larryの独り言
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
田中克己「2020年のIT企業」
大木豊成「Apple法人ユースの取説」
デジタル未来からの手紙
モノのインターネットの衝撃
松岡功「一言もの申す」
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
今週の明言
アナリストの視点
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
スマートデバイス戦略
セキュリティ
ネットワークセキュリティ
セキュリティの論点
スペシャル
de:code
Sapphire Now
VMworld
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
デプロイ王子のテクノロジ解説!
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
さとうなおきの「週刊Azureなう」
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
北川裕康「データアナリティクスの勘所」
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
Windows Server 2003サポート終了
実践ビッグデータ
中国ビジネス四方山話
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化