IBM、最新マイクロプロセッサ「Power PC 970MP」などを発表、普及に弾みへ

WebBCN (BCN) 2005年07月08日 11時07分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 IBMは7月7日、東京で開催された「Power Everywhere Forum 2005」において、最新マイクロプロセッサ「Power PC 970MP」など「Power Architecture」関連の新製品、「Power.org」の新メンバー、イニシアティブを発表した。これによって、「IBM POWER マイクロプロセッサー・ファミリー」の世界展開の推進に弾みをつけたい考え。

 今回、発表した「Power PC 970MP」は、「Power Architecture」ベースのマイクロプロセッサファミリーの最新製品となる。「IBM Power PC 970FX」のデュアルコアバージョンで、1.4−2.5GHzの低コスト・高性能の64ビット対称型マルチプロセッシング(SMP)に対応。省電力機能も搭載している。

 同時に、「Power PC 970FX」省電力版も発表した。20ワット以下の消費電力で動作する低コスト・高性能の64ビット対称型SMP対応プロセッサへのニーズに対応するもので、一般的な作業負荷を処理する場合の動作電力は、13W(1.4 GHz時)、16W(1.6GHz時)となっている。

 「POWER.org」は、「Power Architecture」の利用促進に取り組んでいる企業のコミュニティ。今回のフォーラムで、Denali Software、HCL Technologies、Xilinxの3社が、新たに同コミュニティに参加すると発表した。

 このほか、Linuxコミュニティ内のITプロフェッショナルと開発者によるオープンネットワーク「OpenPower Project」を拡大すると発表。Linuxの開発者などに対して、インターネットを通じて「POWER5」プロセッサベースの「OpenPower」サーバーを無料でテストする機会を提供する。この参加者は、バーチャルコミュニティに参加し、他の参加者と共同作業を行うこともできる。

日本IBM

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR