IBM、Powerプロセッサ普及プログラムを強化

Stephen Shankland(CNET News.com) 2005年06月10日 10時32分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 IBMが、同社のPowerプロセッサの普及を進め、Intelチップに対する競争力を強化するために新たな対策を講じようとしている。同社はApple Computerから公の場で三行半を突きつけられたばかりだ。

 IBMは米国時間8日、Powerプロセッサのユーザーコンソーシアムに新たに11社のメンバーが加わったことを発表した。同社はまた、「Cell」プロセッサベース搭載コンピュータを容易に構築するための仕様とソフトウェアも公開した。Cellは、近い将来登場するPowerベースのプロセッサで、IBM、東芝、ソニーの3社が共同開発したもの。さらにIBMは、医療画像分野や防衛分野の顧客を新たに獲得したことを、Power.orgコンソーシアム会長のNigel Beckが明らかにした。

 IBMは、自社のウェブサイトに新しいコーナーを設け、そこでプロセッサ市場で最も成長が著しいのはPCではなく、Powerが採用されているサーバ、ゲーム機、そして携帯端末だと主張している。同社は、8日に米証券取引委員会(SEC)に提出した書類のなかで同サイトの情報を明らかにした。

 Appleはこれまで、Powerプロセッサを採用する最も有名な顧客のひとつで、1994年以来IBMとMotorola(現在はFreescale Semiconductorとして分離)からPowerPCチップを調達してきた。だが、Appleが長年貶してきていたIntelのチップに2006年から移行することを発表して、状況が一変してしまった。

 しかしIBMは、Appleの離脱にショックを受けていないどころか、Powerに関する計画がいかに野心的であるかを宣言することで、Intelと決着をつける準備を整えた。同社のウェブサイトには、「オープンなチップ技術を普及させ、Power Architectureを圧倒的なシェアを持つ業界標準として確立することがIBMの戦略である」と記されている。

 Illuminataのアナリスト、Gordon Haffによると、Appleの離脱は、同グループと関連する「Power Everywhere」というマーケティングキャンペーンのイメージに汚点を残すという。「これで多少輝きを失うことは確かだ」(Haff)

 一方で、Powerのイメージを輝かせる動きもある。Cellチップの登場は、Apple離脱の影響を打ち消すことになるはずだ。Pund-ITのアナリスト、Charles Kingは調査レポートのなかで、「Cellのハードウェアとソフトウェアの仕様を公開すれば、Power.orgに関心を持つ人間が増えると考えている」と語った。

Linux-on-Power連合への打撃

 Appleの動きが、IBMのPowerプロセッサ事業に大きな打撃を与えることはないが、同社のビジネスに直接影響を及ぼす部分はほかにもいくつかある。同社は、PowerPCおよびPower5ベースのサーバでLinuxを普及させようとしているが、Appleのチップ切り替えにより、これに取り組むTerra Soft SolutionsとFedora PowerPCプロジェクトが窮地に陥る。両者はいずれもMacを使ってLinux for Powerベースのコンピュータ開発に取り組んでいる。

 Terra Softでは、Yellow Dog Linuxと同OSをインストールしたMacを販売しているが、同社によるとAppleのプロセッサ切り替えを乗り切るための選択肢はいくつかあるという。同社CEOのKai Staatsによると、同社には製品をIntelチップに対応させる計画はなく、今後はIBMのJS20ブレードサーバなどで利用できる高性能コンピューティングクラスタ向けのY-HPC版Linuxを販売していくという。さらに同氏は「Power Architectureの多様性を拡大する方向ですでに作業が進んでいる」と付け加えた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 【3/31まで早期割引受付中!】「IBM Watson Summit 2017」開催

    日本IBMが主催する最大の国内総合イベント。テクノロジー・リーダーの疑問を紐解く「企業IT、セキュリティー、モバイル、データ解析などの進化を探る」詳細はこちらから!

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

連載

CIO
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
企業決算を追う
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化