プロサイド、AMD Opteron搭載のEDA市場向け専用ワークステーション

藤本京子(編集部) 2005年07月11日 19時54分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 プロサイドは7月11日、EDA(Electronic Design Automation)市場に向けて専用設計されたエンジニアリングワークステーション「AEW216シリーズ」の新製品2機種を発表した。AMDのOpteronプロセッサを採用し、最大64Gバイトのメモリを搭載する。7月下旬より販売開始する。

 EDAとは、大規模半導体や電子機器等の設計をコンピュータ内でシミュレーションして作り出し、設計作業を自動化して完成を早めるための知的ソフトウエアおよびその設計に用いるツールを指す。プロサイドはこれまで、CTO(注文仕様生産)中心のパソコンおよびサーバメーカーとして事業を行ってきたが、「顧客のニーズから、EDA市場に向けた大容量メモリへの対応や、CPUおよびOSの64ビット化に対応した専用機が必要だと感じた。AEWシリーズでは、通常3〜4週間の時間を必要とする3000万ゲートクラスの設計などを、約20%〜40%高速化することが可能だ」と、プロサイド代表取締役の椎名堯慶氏は説明した。

 今回同社が発表したのは、デスクサイドで使用されることを想定したミドルタワー型のEDAエンジニアリングワークステーション「AEW216C4」と、数台のEDAワークステーションを遠隔操作で利用することを想定した1Uラックマウントタイプの「AEW216R1-SC」の2機種だ。

 タワー型のAEW216C4は、4Uラックマウントにも変更できる。デュアルコア対応CPUを2基搭載することにより、4ウェイへの拡張も可能だ。デスクサイドでの使用を想定しているため、サイズはデスクトップPC並のコンパクトな設計となっているほか、冷却ファンの回転数を自動制御するなどして、システムの動作音の軽減も実現している。今後同モデルをベースとした省電力モデルもリリース予定だ。

「EDA市場で世界を相手に戦う」と意気込むプロサイド代表取締役の椎名堯慶氏

 1UラックタイプのAEW216R1-SCは、サーバルームなどに設置し、遠隔操作での運用を想定している。4ウェイCPU、64Gバイトメモリ、4台のハードディスクまで拡張が可能だ。また、RAIDディスクの装備やリモート監視機能(予定)によってシステムの状態が把握できるようになっている。

 価格はオープンだが、専務取締役の椎名晋大郎氏は「顧客ニーズに合わせたCTO的な販売を考えているため、構成によっては100万円〜1000万円という幅広い価格帯になるだろう」としている。

 プロサイドにとってEDA分野への進出は今回が初となるが、代表取締役の椎名氏は「グローバルな市場をターゲットとしてビジネスを拡大したい。EDAの世界市場は、日本の市場の15倍〜30倍はあると言われている。国内の販売ターゲットは今期で200〜300台程度と見込んでいるが、グローバル市場に進出することでボリュームメリットを出していきたい」としている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
藤本恭史「もっと気楽にFinTech」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
米ZDNet編集長Larryの独り言
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
田中克己「2020年のIT企業」
大木豊成「Apple法人ユースの取説」
デジタル未来からの手紙
モノのインターネットの衝撃
松岡功「一言もの申す」
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
今週の明言
アナリストの視点
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
スマートデバイス戦略
セキュリティ
ネットワークセキュリティ
セキュリティの論点
スペシャル
de:code
Sapphire Now
VMworld
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
デプロイ王子のテクノロジ解説!
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
さとうなおきの「週刊Azureなう」
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
北川裕康「データアナリティクスの勘所」
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
Windows Server 2003サポート終了
実践ビッグデータ
中国ビジネス四方山話
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化