アドビ、PDFと2次元コードによる電子フォーム処理ソフトを発売

ニューズフロント 2005年07月28日 17時55分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アドビ システムズは7月28日、Adobe PDFと2次元コード技術を組み合わせたフォーム処理業務向けソフト「Adobe LiveCycle Barcoded Forms」の販売を開始した。

 Adobe LiveCycle Barcoded Formsは、さまざまな紙フォームのデータ処理業務を自動化するソフト。記入者が、紙の書類ではなくAdobe PDFフォームに必要情報を入力すると、情報が2次元コードの形式に変換される。この2次元コードを印刷し、押印や署名した後に郵送またはファクシミリで提出すると、受け手である企業や自治体などの組織がコードを読み取って処理をする。

 紙の書類を使う場合と違い、受け手側の組織でデータを再入力する必要がない。このため、人的ミスを解消するとともに、フォーム処理にかかるコストおよび時間を大幅に減らせる。2次元コードのデータは、XMLやCSVなどフォーム作成者が指定した形式で抽出可能で、組織内の基幹システムにスムーズに転送できる。

 Adobe PDFフォームへの入力は、無償提供されている「Adobe Reader 7.0」で行える。ほかのアプリケーションの導入は不要で、インターネット接続していないオフライン環境でも入力できる。

 すでに千葉県浦安市の自転車駐輪場利用の電子申請システムにて同製品の採用が決定している。「Adobe LiveCycle Barcoded Formsの採用で再入力費用を削減できるだけでなく、一連の申請フローの効率化、迅速化が可能となる」(同社)。同市の電子申請システムは、2005年9月初旬に運用を開始する予定。

アドビ システムズのプレスリリース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR