アドビ、PDF作成機能に絞った「Acrobat 7.0 Elements」を新発売

別井貴志(編集部) 2005年04月06日 17時40分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アドビシステムズは4月6日、PDFの生成や編集、管理ソフトウェアであるAdobe Acrobat 7.0ファミリー製品に、新たに最廉価版の「Adobe Acrobat 7.0 Elements 日本語版パッケージ」を加え、4月22日から発売すると発表した。

 Acrobatファミリーには、最上位版でプロ向けの「Adobe Acrobat Professional」、一般ビジネスユーザー向けの「Adobe Acrobat Standard」が提供されている。今回のElementsは機能をPDFファイルの作成に絞り、これまで企業向けにライセンス販売(100ライセンス以上)するという形でのみ提供されてきた製品だ。同社では「日本では個人が店頭でパッケージソフトウェアを購入する比率が高いことから1本ごとの提供に変えた」と説明し、パッケージ販売に踏み切った。さらに、同社では初めてダウンロード販売も同時に開始する。

 単純にPDFを作成したいというニーズに対応し、1本ごとに購入できるように販売形態を柔軟にしたため、Elementsのターゲットは大企業から中小企業、SOHO事業者、個人など幅広い。これにより、事業規模よりも作業内容に合わせてAdobe Acrobat 7.0ファミリー製品を選択できるようになったので、選択次第では導入する際のコストを圧縮することも可能だろう。

 Elementsは、WordやExcel、PowerPointなどのOffice製品からワンクリックでPDFを生成できる。このほか、PDFに変換したいファイルをデスクトップにあるElementsのアイコン上にドラッグ&ドロップしたり、ファイルのアイコンを右クリックして「Adobe PDFへの変換」をクリックしたりすれば変換が可能だ。また、PDFファイル生成時にパスワードの設定や閲覧者による印刷、コピー、内容の変更などを許可するかどうか、セキュリティを設定することもできる。このほか、しおりや自動リンク生成、文書読み上げ指定などの機能もある。

 対応OSはWindows2000/XP。価格はパッケージ版が5145円、ダウンロード版が4900円。また、ElementsからStandardへのアップグレード価格は、パッケージ版が3万1290円、ダウンロード版が2万9800円で、アドビストアのみの提供となる。

Elementsを起動した状態。PDFに変換したいファイルを選択して、各種設定をすれば変換できる。変換方法はこのほかにも各種用意。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
企業決算を追う
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化