コグノス、BIソフト「Cognos PowerPlay」および「Cognos NoticeCast」の新版を出荷

ニューズフロント 2005年08月19日 17時08分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 コグノスは8月19日、ビジネスインテリジェンス(BI)ソフトの新版「Cognos PowerPlay 7V3 Maintenance Release 2(MR2)」と「Cognos NoticeCast 7V3 Maintenance Release 2(MR2)」の出荷を8月23日に開始すると発表した。

 Cognos PowerPlayは、膨大なデータから多次元的な分析やレポート作成を行うオンライン分析処理(OLAP)ツールである。新版では、エンドユーザー向けにウェブでの分析機能を、システム管理者向けに運用/管理機能をそれぞれ強化した。BIウェブレポーティングツール「Cognos ReportNet」との連携も強化したほか、新たにSun Solaris 10、IBM DB2 UDB 8.2、Windows 2003 Active Directory Application Modeなどにも対応している。

 また、Cognos NoticeCastは、ビジネス状況のリアルタイム監視およびイベント通知を行うBIツール。新版でSSL対応Apache Mod 2.0の利用が可能となった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR