マクニカネットワークスとISR、PtoP技術製品の開発/拡販で提携

エースラッシュ 2005年09月15日 11時01分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マクニカネットワークスとインターナショナルシステムリサーチ(ISR)は9月14日、PtoP技術を使ったサーバレスソリューシュンの開発および拡販において提携したと発表した。

 今回の提携により、マクニカネットワークスが国内代理店をしている仏Popular Telephonyが開発したPtoP技術を使ったミドルウェアをISRが採用し、製品およびアプリケーションを開発することになる。Popular TelephonyのミドルウェアはIP電話端末やPDA、PC、Wi-Fi端末などさまざまなネットワーク接続機器に組み込むことで、PtoP通信が可能になるというものだ。

  両社は、販売面やプロモーション活動などでも相互に協力する予定だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!