編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

バラクーダネット、日本法人を設立、初年度5億円を狙う

WebBCN (BCN)

2005-05-27 11:19

 スパムファイアウォールメーカーの米バラクーダネットワークス(ディーン・ドラコン・プレジデント兼CEO)は5月26日、日本オフィスを6月1日付けで東京に設置し、日本市場に本格参入すると発表した。日本法人(石山勉社長)は7月中旬までに設立し、初年度で5億円の売り上げをめざす。

 石山社長は「当社の製品は、日本拠点がなかった昨年1年間だけでも国内で100台程度の販売実績がある」とし、日本法人の設立による売り上げ拡大への自信を語った。

 すでに兼松とマクニカネットワークスの2社が販売パートナーとなることが決定しており「さらに1−2社増やす」ことで新規顧客も開拓していく方針。

米バラクーダネットワークス

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]