医療業界とSemantic Webを結びつける--W3Cが新グループ設置

CNET Japan Staff 2005年11月24日 12時04分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 World Wide Web Consortium(W3C)は11月22日、新たなインタレストグループを設置すると発表した。医療業界の各分野とSemantic Webの専門家を結び、保健医療および生命科学業界において学術分野をまたいだ協業、研究開発を促進。さらなる技術革新を実現することが目的という。

 「保健医療と生命科学のためのSemantic Webインタレストグループ(HCLSIG:Semantic Web for Health Care and Life Sciences Interest Group)」がそれ。ユーザーコミュニティが規定する特定のサービス群に対し、標準化されたSemantic Web仕様を決め、それらの導入を訴えていく。

 生命科学の範囲が医療分野だけにとどまらないにもかかわらず、化学者や生物学者、臨床医師らが生成したデータや情報が学際的に共有できていないことが課題になっている。この取り組みは、Semantic Webによるアプローチでこれらのコミュニティを連携させ、コミュニティの要求に合った情報基盤を構築することが狙いだ。単に関係者を集めるだけでなく、高度なシステムやプロセス、もしくは情報を相互に開放し、共用できる枠組みの構築を目指す。

 HCLSIGでは、保健医療および生命科学業界において相互運用可能なデータベースの開発を啓蒙し、それを促進すべく活動していきたい考えという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウドコンピューティング

関連ホワイトペーパー

SpecialPR