OASIS、知的所有権に関するポリシーを改正--ロイヤリティフリーも選択可能に

Paul Festa (CNET News.com) 2005年02月01日 15時42分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 大きな影響力を持つWebサービス標準団体が知的所有権に関するポリシーを見直し、選択的なロイヤリティーフリーライセンスの導入を決めた。この改正は、オープンソース開発者に大きなメリットをもたらす可能性がある。

 OASIS(Organization for the Advancement of Structured Information Standards)は米国時間7日、同団体の知的所有権に関するポリシーを改正した。新しいポリシーは4月15日から適用される。

 OASISは改正の目的について、「オープンスタンダードによる開発を強化する」ためだと、声明のなかで述べている。

 オープンソースライセンスの下では、開発者はロイヤリティーが発生する技術を使用することができない。しかし、今回の方針転換により、オープンソース開発者も、OASISの標準仕様を問題なく使用できるようになるだろうと、同団体のメンバーは話している。

 ポリシー改正後も従来の「妥当かつ非排他的な(Reasonable and Non-Discriminatory:RAND)」特許ライセンスは維持されるが、これに、標準仕様の特許ライセンスをロイヤリティーフリー(RF)にできる選択肢が追加される。

 もっとも、「OASISはオープンソース組織ではない」と、Hewlett-Packardのソフトウェアスタンダード部門チーフであり、OASIS役員会の議長も務めるJim Hughesは述べる。「われわれは、標準仕様を推進する組織だ。RFを唯一の前提とすることも可能だったが、そうしない決断を下した。OASISは従来RANDを基本方針としてきたし、新ポリシーは、OASISメンバーの選択肢を広げるという点で十分すぐれたものになったと考えている」(Hughes)

 World Wide Web Consortium(W3C)が「Royalty-Free Patent Policy」のなかで、W3C勧告仕様はロイヤリティフリーを基本とする方針を決めて以来、そのほかの標準化団体は、ロイヤリティーが発生する技術を仕様に盛り込むことについて再検討してきた。

 OASISは今回のポリシー改正で、ワーキングループが採用できる特許モードを3種類用意した。3種類とは、「RAND」、「RF on RAND Terms(RANDと同条件でロイヤリティフリー)」、「RF on Limited Terms(限定的にロイヤリティフリー)」の3種である。

 とはいえ、この新ポリシーはオープンソース支持者たちの大歓迎を受けるまでには至っていない。

 「RFを選択できるようになったことは評価するが、願わくばそれを絶対条件にして欲しかった」と述べるのは、著名なオープンソース支持者のBruce Perensだ。同氏は、新ポリシーには「ワーキンググループが標準仕様からオープンソースを締め出す余地がまだ残っている」と述べる。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをCNET Japanが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
ハードから読み解くITトレンド放談
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
Gartner Symposium
企業決算
ソフトウェア開発パラダイムの進化
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化