マカフィー、中小企業向けASP型セキュリティ製品を機能強化

CNET Japan Staff 2005年12月02日 08時48分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マカフィーは12月1日、中小企業向けに機能強化したセキュリティ対策ASPサービス「McAfee Managed VirusScan plus AntiSpyware」を発表した。

 McAfee Managed VirusScan plus AntiSpywareは、ウイルス対策に加え、スパイウェア、アドウェア、キーロガーといった不審なプログラム(PUP:Potentially Unwanted Program)からビジネスを保護するASPサービス。スパイウェアとPUPに対する包括的なプロテクションが提供される。

 McAfee AntiSpyware Enterpriseで採用されている「オンアクセススキャン」は同サービスでも活用され、有害なスパイウェアとウイルスを即時に検知し、データ漏洩やネットワーク帯域幅の消耗からユーザーを保護する。

 サービス提供は2006年1月10日から。ライトサポート1年サブスクリプションの価格は、乗換の場合、26〜50ノードでノード当たり5880円、101〜250ノードで5460円、新規の場合、それぞれ8400円、7800円となる。リリースに当たり、数週間の利用価格を実質無償で提供するキャンペーンなども実施される。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!