オープンソース・ジャパン、オープンシステムへの移行可能性を調べるサービス

ニューズフロント 2005年12月09日 16時04分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 オープンソース・ジャパンは12月9日、レガシーシステムからオープンソースシステムへの移行可能性を調査する自治体向けサービス「レガシー刷新可能性調査サービス」を発表した。

 このサービスは、オフコンやメインフレームで構築されたレガシーシステムを対象とし、オープンソースシステムに移行するための事前調査を実施する。移行方法としては、COBOLからPHPへの変換をともなうリライト(再構築)のほか、COBOLのままLinuxへ移行するリホスト、入出力部分のみにウェブ技術を利用するリフロントなどにも対応できる。調査は以下の手順で進める。

  • 既存システム調査:システム稼働環境、規模、画面などの一覧を取得
  • 機能の棚卸し:出力情報の部門別チェックによる必要情報と不必要情報の整理
  • オープンソース活用可能性調査:システム環境としての移行可能性と保守サポート実現性の検討
  • 新システムへの形式適性可能性:リホスト、リフロント、リライトなどの適性化を確認
  • 実証実験:移行実証実験を実施し、開発生産性の確認などコスト削減効果を測定
  • 新システムの提案:作業結果をもとにして、最適な移行方法を提案

     オープンソース・ジャパンでは、人口10万人規模までの自治体でレガシーシステム1システムを調査する場合、一式600万円で提供する。

    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    関連キーワード
    開発

    関連ホワイトペーパー

    SpecialPR

    • デジタル変革か?ゲームセットか?

      デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

    • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

      「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
      離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから