MSからウェブベースの企業向けIM「Office Communicator Web Access」

Ina Fried(CNET News.com) 2005年12月14日 15時27分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは米国時間13日、「Office Communicator Web Access」の開発を完了したことを明らかにした。同ソフトウェアは、ウェブベースの企業用インスタントメッセージ(IM)クライアントで、同社の「Live Communications Server 2005」と連携する。AJAXを利用したこの新しいツールを使うことで、社員はWindows以外を稼働するデバイスでも会社のIMを受信できるようになる。また、制限を強化したマシンや、新しいクライアントソフトのインストールを許可しないマシンでも、メッセージも受信できるようになる。

 Live Communications Serverと、ウェブやデスクトップベースのOffice Communicatorを使用すると、MicrosoftのMSNやAmerica Online、YahooのIMサービスにも同時に接続できる。Live Communications Server 2005のライセンス保有者は、Communicator Web Accessを無料でダウンロードできる。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!