CTC、効率的なオフィス環境の実現に向けサンの「SunRay」を約1200台導入

CNET Japan Staff 2005年12月22日 02時32分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 伊藤忠テクノサイエンス(CTC)は12月21日、千代田区の本社をはじめ、名古屋、大阪などの支店に、2006年3月末までにサン・マイクロシステムズのシンクライアント端末「SunRay」を合計約1200台導入すると発表した。

 CTCは2004年11月、都内のオフィスを東京・霞が関に集約し、新しい情報インフラ「eWork@CTC」を構築。このeWork@CTCへの取り組みでCTCは、モバイルアクセスやフリーアドレスオフィスのためにシンクライアント端末を導入してきた。

 SunRayを採用したことで、端末側にデータを残すことのないセキュリティ、OSやウイルス駆除ソフトの一元管理が可能になった。また、ICカードによって地方拠点などへの出張時でも同一の作業環境が実現するなど、フリーアドレスのオフィス環境も構築できた。

 CTCではこれらを評価し、営業スタッフやエンジニアが使用するクライアント端末として、霞が関の本社オフィスのほか大阪、名古屋などの地方拠点も含め、2005年度末までに約1200台のSunRay端末導入を決定。すでに約450台が導入されている。

 CTCでは、2006年2月にグループ全社員の社員証をICカードと一体化させ、グループ全社員がSunRay端末を活用できる環境を整備する計画。また、プリンタにカード認証印刷の仕組みを取り入れ、クライアントからプリンタに出力指示を出しても、自分のICカードをプリンタにかざさないと紙が出力されない仕組みなども構築する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR