編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

東芝ソリューションとサン、個人情報保護ガイドライン準拠のID管理認証基盤構築で協業

CNET Japan Staff

2005-11-29 18:57

 東芝ソリューションとサン・マイクロシステムズは11月28日、個人情報保護対応のID管理認証基盤システムの構築で協業することを発表した。東芝ソリューションは同日より、「従業員証ICカードソリューション」の受注活動を開始する。

 両社は、東芝ソリューションの従業員証ICカードシステム「TARGUSYS」と、サンのシングルサインオン/ID管理製品「Sun Java System AccessManager」を組み合わせ、さらに個人情報対応の管理機能を拡張。顧客企業自身による従業員証ICカードの印刷/発行から企業全体のID管理までをサポートするシステムとなる。また、Sun Rayにも対応する。

 今回、拡張された個人情報保護対応機能は、経済産業省ガイドラインに基づくパスワードポリシーの設定機能やログの管理、アクセスの監査機能などを東芝ソリューションが独自に実装したもの。東芝ソリューションにとっては、個人情報保護対応基準(PDPS3:Personal Data Protection Standard for Solution Systems)に準拠したソリューション第2弾となる。

 両社は、個人情報保護法への全社対応を求められている企業を対象に、共同で販売促進活動を行っていく。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]