OpenOffice.orgコミュニティ、「OpenOffice.org 2.0.1」日本語版を正式リリース

CNET Japan Staff 2006年01月11日 00時55分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 フリーのオフィススイートを開発するOpenOffice.orgコミュニティは1月10日、最新の「OpenOffice.org 2.0.1」の各国語版を同日リリースしたことを発表した。OpenOffice.org 2.0.1は、オープンソースライセンス(LGPL)で配布されているため、だれでも無償で入手でき、改良、修正、再配布を自由に行える。

 新バージョン2.0.1は、いくつかの不具合を解消したアップデート版で、差し込み印刷ウィザードの拡張や、ダイアログでオプションの表示/非表示を設定可能するなど、いくつかの新機能が追加されいる。

 Microsoft Officeとの互換性も向上させ、たとえばWordファイルの読み込み時に、両端ぞろえのレイアウトが崩れないなどの改善が施されている。

 対応プラットフォームは、Windows 98/Me/XP/2000/NT4、Linux(x86)、Solaris(x86/x64, SPARC)。このほかのプラットフォームについても、順次公開していく予定。

 OpenOffice.org日本ユーザー会のウェブサイトより無償でダウンロードできる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!