StarOffice、次期バージョンのリリースに遅れ

Ingrid Marson(ZDNet UK) 2005年08月15日 16時48分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Sun Microsystemsは現在、「StarOffice」の最新バージョンを9月にリリースしようとしているが、これは当初の予定よりも2カ月遅いリリースとなる。

 同社は5月に、「StarOffice 8」のリリースが7月になると述べていた。しかし、同社英国法人のSimon Schouten(デスクトップ製品販売マネージャ)は現地時間12日、StarOffice 8のリリースが9月12日になることを明らかにした。同社は四半期ごとに行う製品発表会で同ソフトウェアを発表するという。

 Schoutenによると、SunはJava Desktop System、Tarantella、Sun Rayなど他のデスクトップ商品の新バージョンを同じ日に発表できるように、StarOffice 8のリリース日を変更したという。

 ZDNet UKがSunの事情に詳しい複数の情報筋から得た情報によると、同社はStarOffice 8 のCDを6月3日に出荷する予定だったが、後になってこの日程を変更したという。同社はその後、初期のStarOfficeにバグが含まれている可能性があるとして、2度目のベータ版を内部向けにリリースしたと情報筋は述べている。

 SunのSchoutenは、リリースの遅れがバグによるものであるとする考えを否定し、この変更は純粋に「マーケティング上の判断」であるとした。

 しかし、StarOfficeをベースとするオープンソース製品の「OpenOffice.org」では、バグが原因でリリースが遅れているという。

 OpenOffice.orgのJohn McCreeshは12日、 「OpenOffice.org 2.0」の出荷が遅れる理由として、開発者に同ベータ版のバグを修復する時間を与えること、ならびに5月に標準化団体のOASISから承認を得たOpenDocumentとの互換性を完全にするための時間的な猶予を与えることの2つを挙げている。

 「(OpenOffice.org 2.0の)ベータ版のダウンロードは100万件を超えた。われわれの元には膨大なフィードバックが寄せられているが、これはさらに修正が必要なことを意味する」(McCreesh)

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算