シマンテック、Windows MobileやPalm OS対応のアンチウイルスソフトをリリース

目黒譲二 2006年02月07日 19時11分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 シマンテックは2月7日、Palm OS、Microsoft Windows Mobile、Pocket PCに対応したワイヤレス機器向けのウイルス対策ソリューション「Symantec AntiVirus for Handhelds Corporate Edition 3.5」を発表した。

 AntiVirus for Handhelds Corporate Edition 3.5は、ウェブ、電子メールのほか、Wi-Fi接続やBluetooth、赤外線ポート経由で受信されるウイルスの駆除、修復、感染ファイルの削除を行うワイヤレス機器向けのセキュリティ製品。今回のバージョン3.5より、Symantec System Centerコンソールを備えたSymantec Client Securityを使っているユーザーは、プラグインをインストールすることで、モバイル機器の環境設定とポリシー実施を管理できるようになった。さらに今回のバージョンは、Windows Smartphoneを除くWindows Mobileプラットフォーム、PocketPC、Palm OSの全OSに対応しており、ウィルコムが提供している「W-ZERO3」にも対応している。

 新規ライセンス価格は、ライセンス数が10から24の場合、1ユーザあたり4900円(税別)からとなっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?