中国でホスティングされた偽アドビサイト--ウェブセンスが警告

CNET Japan Staff 2006年02月14日 05時31分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Websenseは2月10日、同社のセキュリティ情報分析機関「Websense Security Labs」がAdobe Systemsのブランド名を悪用した新たなフィッシング攻撃に関する報告を受けたことを公表し、警告した。

 Adobeのオンラインストアをまねたフィッシングウェブサイトは、Adobe製品を非常に安い値段で購入しダウンロードできるように見せかけており、一般消費者に対してそのリンクを貼った偽のメールによって告知する。

 このフィッシングサイトは中国でホスティングされており、この警告を発表した時点(米国時間2月10日現在)でも稼働中だった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR