NTTデータイントラマート、ソニックソフトウェアのESB対応ミドルウェアをOEM販売

ニューズフロント 2006年02月16日 14時53分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTデータイントラマートとソニックソフトウェアは2月16日、ソニックソフトウェアのサービス指向アーキテクチャ(SOA)対応システム統合ミドルウェア「Sonic ESB」の販売に関するOEM契約を締結したと発表した。

 Sonic ESBは、再利用可能なサービスの連携でビジネスプロセスを構成、変更するSOA構築技術Enterprise Service Bus(ESB)に対応した統合ミドルウェア。WebサービスやJava、XMLなど標準技術を採用しており、分散環境でサービスを提供、仲介する。Sonic ESBを使うと、既存システムの機能をサービスとして扱い、ほかのシステムで容易に再利用できるようになる。

 両社はOEM契約に基づき、NTTデータイントラマートのウェブシステム構築ソフト「intra-mart」のオプション製品として、Sonic ESBを販売する。両製品を組み合わせることで、ウェブ対応フロント業務システムやERPシステムなど基幹アプリケーションの統合からビジネスプロセス連携まで、俊敏性とコスト効果の高いソリューション提供が可能になる。また、既存システムやレガシーシステムとウェブシステムとの、柔軟かつ迅速な統合も実施できる。

 今後、両社は、共同マーケティング、営業、セミナー、イベントなどのプロモーション活動でも協力する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?