編集部からのお知らせ
新着PDF:商用5G活用を考える
テレワーク関連記事一覧はこちら

NTTデータイントラマートがJava APサーバ製品群の「iSeries」(AS/400)版を出荷

エースラッシュ

2005-07-28 19:07

 NTTデータイントラマートは7月28日、JavaをベースとしたWebシステム構築基盤「intra-martベースモジュール ver.5」を日本アイ・ビー・エムの統合ビジネスサーバ(オフコン)「IBM eServer iSeries」(旧AS/400)用の独自OS「i5/OS」にも対応させ、9月上旬から提供開始すると発表した。

 従来の「intra-martベースモジュール」はUnix系OS/Linux/Windowsなどオープン系のOSでのみ稼働しており、IBMのサーバ「iSeries」を利用する場合、ウェブ対応のためには、独自にJavaでアプリケーションをプログラミングしていた。 今回、iSeries用のOSである「i5/OS」に対応することで、ベースモジュールとアプリケーションシリーズを組み合わせて利用し、すべてのアプリケーションを「iSeries」で統合することが可能になる。

 最初のユーザーとしては、東京日産コンピュータシステムがi5/OS対応版「intra-martベースモジュール」を導入し、販売管理システムのWeb対応を予定。東京日産コンピュータシステムでは全社での顧客情報の一元管理・共有化と、それによる業務効率化を見込んでいる。

NTTデータイントラマート

日本アイ・ビー・エム

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]