IIJ、企業向け電子メール運用サービスにメール保存や検索機能を追加

ニューズフロント 2006年02月16日 15時44分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 インターネットイニシアティブ(IIJ)は2月16日、企業向け電子メール運用サービス「IIJ Mailゲートウェイサービス」に、メールの保管や検索昨日などのオプションを追加すると発表した。2月28日から提供を始める。

 IIJによると、日本版SOX法の制定を前に、自主監査の際の証拠としてメールアーカイブの重要性が増しているが、保管用ストレージの導入、運用は企業にとって大きな負担になる。IIJはこれを受け、メール運用サービスの顧客向けに、新たなオプション機能の提供を決めたという。

 顧客が送信および受信したメールを、IIJのデータセンターが自動的に保管。ウェブ上でメールの検索や閲覧、ダウンロード、削除をする機能を提供する。日付や送信元、宛て先、件名、添付ファイルの有無といった条件で検索ができる。

 オプション機能の月額基本料金は税別40万円。標準で10Gバイト分のメールを保管する。また10Gバイトあたり税別20万円の追加料金で、保管容量の増加を受け付ける。最大保管容量は、メール運用サービス1契約につき200Gバイト。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウドコンピューティング

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?