サン、RFIDソリューション「Sun Java System RFID Software 3.0」を提供開始

CNET Japan Staff 2006年03月16日 07時28分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サン・マイクロシステムズは3月15日、無線ICタグ(RFID)システムを構築するためのサーバ用ソフトウェアの新版「Sun Java System RFID Software 3.0」の提供を開始すると発表した。

 同製品は、RFIDの国際的な標準化団体であるEPCglobalのRFIDミドルウェア規格「ALE(Application Level Events)」をはじめとする最新の国際標準に準拠。最新版では、Webサービスへの対応やSAP製品との連携機能、対応デバイスの追加などの機能が強化されている。

 対応プラットフォームは、これまでのSolaris、Red Hat Linuxに加え、Windows 2003が追加された。標準価格は1リーダーあたり19万4000円(税別)。2006年3月下旬の出荷開始を予定している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?