NEC、屋内位置管理システム「SmartLocator」--赤外線を利用し精度を向上

ニューズフロント

2006-03-13 16:25

 NECとNECエンジニアリングは3月14日、赤外線を利用して、屋内にあるノートパソコンや携帯情報端末(PDA)などモバイル端末の位置を特定、管理するシステム「SmartLocator」を発売した。同日より出荷を開始する。価格はハードウェアとソフトウェアあわせて600万円から。

 赤外線を利用するSmartLocatorは無線アクセスポイントを位置特定に利用する従来のシステムと比べ、電波の干渉や反射などの影響を受けにくく、無線LANと組み合わせて高精度に位置特定が可能になるという。

 専用の赤外線発信機を天井に設置し、スポットライトのように半径0.7〜2.5mの信号発信エリアを作る。受信機を付けたモバイル端末がその下に来ると、位置情報を示すID信号を認識。無線LAN経由で管理サーバに通知する。

 オフィス内で特定の社員のいる場所を把握したり、店舗や展示場で顧客の現在位置にあわせた情報を配信する、といった用途を見込む。またRFIDなどと組み合わせることで、工場や倉庫の向上の入出荷/在庫管理ができるという。NECとNECエンジニアリングでは、すでに宮城県仙台市の食品物流会社に、低温倉庫内の生鮮食品などの入出荷管理システムとして同製品を導入した。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]